先達はあらまほしき事なり

先日、恥ずかしながら、人生で初めて、「釣り」をしました。正直、釣りをなめていました。釣果は別として、釣り自体は、エサをつけて、キャスティングするだけぐらいに思っていました。

大反省です。まず、釣り竿の準備からできません。そして、エサを針につけることもできません。キャスティングに関しては、全く見当違いの所に。釣った魚から針を外すこともままなりません。

幸い、釣りに詳しい方に丁寧に教えて頂いたので、とても楽しむことができました。たまたま私の場合は、「釣り」でしたが、子どもたちの学習も同様のことが言えますね。少しのことでも、よい先達(案内人)がいれば、スムーズにいくことは多いですね。ふと、徒然草52段を思い出した瞬間でした。