英語民間試験と記述式断念へ

文科省は、大学共通テストにおいて、英語民間試験と記述式の問題の導入を断念することを発表しました。

いったい大学入試改革とは何だったのでしょうか?多少の出題傾向は変わりましたが、「改革」には程遠い気がします。

我々塾業界がこの改革に振り回されたのは、まだいいですが、この被害に合った子どもたちが気がかりでなりません。例えば、センター試験最終年に、思うような結果が出せず、共通テストに変更になることに鑑みて、浪人を断念した生徒も多くいるいるはずです。

そして、その「改革」の影響は、高校生や既卒生のみならず、小中学生にも大きな影響を与えています。意識の高い生徒は、早い段階から先を見越して準備をしています。

もちろん入試やテストが最終ゴールではありませんが、子どもたちにとっては、大きな節目、目標であることは間違いありません。そんな入試やテストが、右往左往していては、子どもたちが何に向かって進んでいいかわかりません。

難しい課題ではあると思いますが、文科省の方には、本当に今の子どもたちに何が必要かを是非考えてもらえたらと思います。